AOC

セレクション・ド・グラン・ノーブル

1984年以降、SGN(セレクション・ド・グラン・ノーブル)とは、貴腐菌が付着した果粒を手摘みで収穫したブドウだけを使用して造られた甘口の高級ワインを意味します。

アペラシオン「アルザス」または「アルザス・グラン・クリュ」のラベルに合わせて表記することもできます。

アルザスのブドウ畑は、非常に少ない降雨量と秋の日照に恵まれた半大陸性気候であるため、豊作の年には、パスリヤージュ(ブドウの実を収穫せず、樹になった状態のまま完熟を越して置いておく事)や貴腐菌の発生に非常に有利な条件を備えています。そのため、リースリングやミュスカ、ピノ・グリ、ゲヴゥルツトラミネールなどの高級品種を通常の収穫期より、ブドウの豊潤さが凝縮された遅い時期に収穫することが出来るのです。

セレクション・ド・グラン・ノーブルは、収穫時に規定された非常に高い糖度に達していること、最低18か月間熟成されていることが条件となります。ワイン生産者による多大な努力は、1984年3月1日付の政令によって、セレクション・ド・グラン・ノーブルが公式に認定されたことによって報われました。この規定はセレクション・ド・グラン・ノーブル制定以来、数回に渡って強化されています(主に2016年6月20日付の条例によって)。

このラベル表記をもつワインは、貴腐菌が付着したブドウの実を手摘みによって収穫されています。貴腐菌により糖度が凝縮されることで、複雑で力強く、持続性のある長い余韻の印象的なワインに仕上がります