フレッシュ&辛口

ピノ・ブラン・ダルザス

ピノ・ブラン・ダルザス

テイスティング

外観

外観は淡いイエロー。透明感に輝くワイン。

香り

桃やリンゴの香りにフローラルなニュアンスが加わった、ほのかにフルーティーでフレッシュな香り。誇張ではなく、ブドウのアロマを完璧に表現しているワイン。

味わい

ピノ・ブランは、早く開くタイプのワインです。適度な酸味があるため、柔らかく軽いワインに仕上がっています。

ピノ・ブランはまろやかで豊満な特徴を持っているため、補佐的な味わいをもたらす品種として最適なオーセロワとブレンドすることが良くあります。このアサンブラージュは、ピノ・ブランまたはピノと呼ばれます。その代り、オーセロワのみを醸造した場合は、その品種名を表記します。

ピノ・ブラン・ダルザス

組み合わせる

美しい春の一日のように軽やかで多くのニュアンスを含むこのワインは、非常にシンプルで控えめな魅力を持っています

ほのかな果実味と適度な酸味が絶妙なバランスを保ち、日常的な料理に気軽に合わせることが出来ます。そのため、即席のビュッフェやカウンターで食べる軽食、優しく煮込んだ白身肉、グリルした魚、あり合わせで作ったサラダなど、様々な料理に最適です。

目玉焼きまたはオムレツ、キッシュなど、卵料理の豊かな食感に軽さをもたらします。

柔らかく滑らかなニュアンスが、トムやサン=ネクタール、シャウルスなど、乳製品の特長を備えた若いチーズと見事に調和します。

ピノ・ブラン・ダルザス

原産地

ピノ・ブランは、1896年シャロンでの議会の後、シャルドネと区別されたブドウ品種です。これは、1895年にシャサーニュ=モンラッシェでピュイエ氏によって、翌年1896年にはニュイ=サン=ジョルジュでデュラン氏によって発見されたピノ・ノワールの白い変異種です。

ポートレート

私を描写するため、時によって人々は優しくスイングし人生をありのままに歌うシャンソンを連想します!私は、繊細な酸味によって新しい輝きを手に入れた完熟果実に似ています。

いかなる状況においても常に足から着地する曲芸師のように、いかなる料理にも見事に合わせて見せる柔軟性を持っているのです。溢れんばかりの魅力と余裕、それが私です。

ブドウ畑の中で

  • 濃い緑色、葉は全体的に3または5片に分かれています。
  • Pinotblanc grappes@2x
    比較的小さく、房は円筒状でコンパクトです。
  • 果粒

    Pinotblanc baie@2x
    果実は小さく、丸いまたはわずかに卵型です。