フレッシュ&辛口

シルヴァネール・ダルザス

シルヴァネール・ダルザス

テイスティング

外観

その特徴である爽やかさを強調する緑色の反映がある透明な色合いです。

香り

控えめで空気のように軽い香り。柑橘類や白い花、摘んだばかりのハーブなど、ほのかにフルーティーでフローラルなブーケを漂わせます。

味わい

清々しい爽やかさを軸にした素直でデリケートな口当たり。

さっぱりとみずみずしい辛口ワインは、お食事の際に生き生きとしたアクセントをもたらします。

シルヴァネール・ダルザス

組み合わせる

率直で軽快。舌の上を転がるようなワインは、無駄なものを省いた、真っすぐなスタイルを持っています。

自然の恵みいっぱいのシルヴァネールは、何よりもまず、のどを潤す気軽なタイプのワインで、シャルキュトリー(ソーセージ、ハム等)またはキッシュやオニオンタルトなどの軽食系のお料理によく合います。雄弁さと陽気さを備えたこのワインほど、シンプルな伝統料理に軽やかさをもたらすワインは他にありません。そのためチーズフォンデュやラクレットなどにも非常によく合います。

その他、生き生きとした印象を持つシルヴァネールは貝類との相性も抜群です。アロマが控えめなため、カキやシーフードの盛り合わせなどの磯の風味を邪魔することがありません。同様に、ムール貝、エスカルゴ、グリルした魚などもワインの爽やかでのどを潤す特徴と控えめな果実味によく合います。

通常、ワインとヴィネグレットソースの組み合わせは難しいのですが、シルヴァネールはサラダや野菜スティックと相性が良く、その味わいをしっかりと残しながらも、繊細な植物の香りと軽快さをもたらします。

シルヴァネール・ダルザス

原産地

昔からアルザス地方で栽培されていたシルヴァネールですが、原産地はオーストリアであると言われており、中央ヨーロッパ全域からロシア、さらにはオーストラリア、カリフォルニアにまでわたって栽培が行われています。その語源によって、トランシルヴァニアが、品種の発祥地であるとも考えられています。

ポートレート

私は活力、若さ、春の象徴です!田園の風景に溶け込む存在です。全てがパステルカラーで描かれ、光で満ち溢れている、花咲く草原や軽やかに飛び舞う蝶、そんな風景が陽気で牧歌的な私の個性を見事に表現しています。

貝類や甲殻類、焼いた魚などにも合うため、海辺も大好きです。私の音楽は流れるように軽く、フルートとタンバリンの音に共鳴します。

ブドウ畑の中で

  • 円形で、葉は平坦または軽い気泡があります。葉縁には幅広いギザギザがあります。
  • Sylvaner grappes@2x
    大きさは中程度で、房は円筒状または先の尖った円筒状で、コンパクトです。
  • 果粒

    Sylvaner baie@2x
    球体で中程度の大きさの果粒は、茶色の斑点のある緑色で、日に当たると斑点が黄金がかった黄色になります。果皮は比較的厚めです。果実の風味は控えめで、ほんのりとした酸味があります。