力強さ&濃厚

ゲヴゥルツトラミネール・ダルザス

ゲヴゥルツトラミネール・ダルザス

テイスティング

外観

ほのかに黄金色に輝く、黄味がかった濃い色合いです。これは、ピンク色のブドウがワインの色に影響を与えているためです。

香り

豊かで表現力のある幅広いアロマがゲヴゥルツトラミネールの特徴です。力強く複雑なブーケ。トロピカルフルーツ(ライチ、パッションフルーツ、パイナップル、マンゴーなど)や花(主にバラ)、柑橘類、スパイスの香りの爆弾とも言えるでしょう。.

味わい

豊満なまろやかさが、個性的なワインの豊かな表現力と複雑性を全て明らかにしています。この濃厚な絡み合いは、他のアルザスワインと比べるとより控えめな爽やかさによって支えられています。口当たりは香りと同じく、エキゾチックなアロマの音楽が舌を躍らせます。

生来の複雑性、非常に高い表現力を持つワインなので、様々なマリアージュを楽しめます。

ゲヴゥルツトラミネール・ダルザス

組み合わせる

フルーツや花、スパイスに含まれる全ての要素がこのワインの中に集合したかのように、ゲヴゥルツトラミネールの持つ豊かさ、複雑性、強い個性が口の中で絶大な喜びを表現します!

食事の前に食欲を呼び覚ますため、食前酒としても最適です。

まろやかで魅惑的な特徴が、五感を呼び覚ます旅へと誘います。そのため、このワインを世界中の料理と結びつけるのは当然のことと言えるでしょう。アジア料理やインド料理、メキシコ料理、モロッコ料理など、スパイシーな料理の味わいを高めてくれます。それには、いくつかの理由があります。まず、魚の甘辛煮や豚肉のカラメルソース煮、鴨のオレンジソースなど、甘辛の味付けが多いアジア料理ですが、これらの料理の甘味が、絹のように滑らかなワインの豊満さを引き立てます。続いて、一般的にハーブ、場合によっては非常に辛いスパイスを使用する事が特徴のタイ料理(レモングラス、ターメリックなど)、インド料理(コリアンダー、クミン、ガラムマサラ)、インドネシア料理(ココナッツミルク、ターメリック、唐辛子)、モロッコ料理(シナモン、クローブ、唐辛子)。ここでは、ゲヴゥルツトラミネールがその力強さと、ボリューム、口の中に広がる素晴らしい後味などの特長を、余すことなく発揮します。これらの料理の特徴ある味に負けることなく、これらの風味を官能的なダンスに誘い、ワインと料理が印象的な共演を披露してくれます!

その他のペアリングでは、ゲヴゥルツトラミネールはチーズの盛り合わせのスター的存在といえる「こってりとした味」のチーズによく合います。マンステールやマロワール、ポン・レヴェック、リヴァロが、ワインと同じく、フルーティーで口中に広がる力強いアロマを共有します。

さて、デザートの番です!アプリコットのタルト、トロピカルフルーツのパピヨット、クレーム・キャラメルと合わせれば、このワインの魅力でもある独特のフルーティーさが強調されます。さらに、ビスケットやケーキなど、甘さ控えめのあらゆるデザートとの相性も抜群です。

ゲヴゥルツトラミネール・ダルザス

原産地

ゲヴゥルツトラミネールは、アルザス地方では昔から知られている古いブドウ品種トラミネール・ローズに通じる、非常にアロマティックな品種です。その昔、力強さが控えめだったこのワインは、トラミネールの名で呼ばれていました。同じように、このトラミネールの特長を備えるバール地方のわずかな面積で栽培されているブドウ品種クレヴネル・ド・ハイリゲンシュタインは、サヴァニャン・ロゼと呼ばれています。語源学的には、ゲヴゥルツトラミネールという言葉は「スパイシー」という意味を持っています。

ポートレート

私はアルザスワインの中で、間違いなく最も表現豊かで、最も個性的な存在でしょう。豊かな色彩、陽気なリズム、むせかえるほどの香り、美しい布が溢れかえる南国やオリエントの市場へと人々を誘うことが出来るのは、私だけです。私は力、繊細さ、強さ、複雑性を展開察せることで、五感を刺激します。

ブドウ畑の中で

  • 小さく、丸く、三片に分かれていて、葉脈の付け根が赤くなっています。.
  • Gewurzt grappes@2x
    小型の円錐台形で、果粒の数は比較的少ない方です。
  • 果粒

    Gewurzt baie@2x
    小さく、丸く、ピンクから淡い赤色です。果汁は香り高く、ややムスクのような風味があります。