甘口&デザート

ヴァンダンジュ・タルディヴ

ヴァンダンジュ・タルディヴ

テイスティング

外観

外観は、黄金色に輝く黄色の美しく濃い色合いです。

香り

支配するのは過熟し凝縮されたブドウの香り。そこにマルメロ、キャラメル、トロピカルフルーツのコンポートのアロマ、またはハチミツの香りが混ざり合います。

味わい

口に含んだ第一印象は滑らかでまろやか。口の中で豊かさとフィネスの絶妙なバランスへと変化します。最後は、官能的な力強さが絶え間なく広がり続けます。

豊潤さと優雅さを兼ね備えたヴァンダンジュ・タルディヴは、甘味と酸味の絶妙なバランスを軸とした口いっぱいに広がるまろやかさを提供します!

ヴァンダンジュ・タルディヴ

組み合わせる

このワインが持つ力強さに負けないよう、力のバランスを考え、スパイシーまたは味の強い個性ある料理を合わせましょう。

特にフォアグラなどがお勧めです。例えば、イチジクのコンポートとバルサミコ酢を添えた、またはスパイス入りマンゴーのチャツネを添えたフォアグラと共にサーヴすれば完璧でしょう。

同様にアルザスの貴重な甘口ワインの「コク」は、桃またはオレンジのソースを添えた鴨肉と美しいハーモニーを奏でます。

海の幸では、オレンジのゼスト風味のマイルドなソースを添えたオマール海老や柑橘類のムースを添えたマトウダイのフィレが見事な効果を生み出します。

驚くような組み合わせですが、ロックフォールまたはスティルトン、さらには焼いた梨のスライスを添えたゴルゴンゾーラのトーストなど、ブルーチーズともよく合います。

甘口ワインを食後酒として味わいたい場合は、黄色いフルーツまたはエキゾチックなフルーツのデザートと一緒に楽しんでください。甘さと酸味の完璧なバランスを誇るリースリング・ヴァンダンジュ・タルディヴは、デザートと合わせることで、期待通りのバランス感覚を存分に発揮してくれます。

ポートレート

私が遅摘みなのは、必要なだけの時間をかけているからです。濃厚な香りで溢れかえり、目もくらむような豊かさを手に入れるため、私はゆっくりと熟します。

私は豊潤そのもの。しかし自分自身を輝かせ、開放的で新鮮でもあり、優雅さと甘さを組み合わせる術も知っているのです。