アルザスワインのヴィンテージ

1970年

収穫に恵まれ、何よりもアルザス地方の特徴が際立つワインです

収穫

1970年の収穫は10月15日に開始し、輝く太陽の下、3週間にわたり収穫が続きました。

アルザス地方に限らずフランスの他の地方においても、前年の収穫量をはるかに超え、優れた品質のブドウが収穫できた年となりました。(95万hl)

ワイン

ヴィンテージ1970は、完璧なバランスと調和の取れた構成、テロワールの特徴が際立つ、非常にフレッシュなアルザスワインです。

シルヴァネール1970は、軽く心地よく、フルーティーで、調和が取れ、非常にアルザスらしいワインです。

ピノ・ブラン1970は、ある種の魅力を漂わせ、バランスが良く、非常にフレッシュです

リースリング1970は、テロワールの特徴を備え、非常にフルーティーです。

ミュスカ・ダルザス1970は、新鮮なブドウにかじりついたような印象を与える、このワインならではの果実味とブーケを感じさせます。

トケイ・ピノ・ダルザス1970は、コクがあり非常に豊かで、ワイン愛好家をうならせる豊満さがあります。

最後にゲヴゥルツトラミネール1970は、比類なきフルーティーさと包み込むようなブーケをもつワインですが、このワインの魅力の1つであるアロマの存在感を、この年の太陽から十分に引き出せていないことが残念な点です。

アルザスワイン情報センター

1971年5月

アルザスワインのヴィンテージ

ブドウ収穫はその年によって変化します!毎年、自然の理とでもいうべき異なる気象条件がブドウ栽培者に課せられます。 年によって、これら気候の変化がワインの品質に影響を与えます。特にこれらの要素は、ボトルでの熟成に対してある種の指標を与えます。

過去20年間を振り返り、偉大なワインの仲間入りをしたヴィンテージを発見してください: