アルザスワインのヴィンテージ

1986年

天候

1986年は非常に素晴らしい収穫量でした。気象条件が突如として悪化し、寒く高湿度な8月末から9月前半を経験した後、ワイン生産者は大きな不安を感じました。
6月末の完璧な開花期、最適な日照時間と気温の夏によって、数日の間に先の見通しに希望が生まれました。
幸いなことに、9月20日から暑く晴れた日が4週間続いたことで、成長が止まっていたブドウも、最高の条件下で成熟することが出来たのです。

収穫

AOCクレマン・ダルザスの収穫を始めた9月30日も、良い天気に恵まれました。その後、AOCアルザスとアルザス・グラン・クリュでは、10月9日からピノ・ブラン、オーセロワ、ピノ・グリ、ピノ・ノワール、ミュスカ、そして10月13日からシルヴァネール、10月16日からリースリングとゲヴルツトラミネールと収穫が続きました。
数多くの区画は、高級なヴァンダンジュ・タルディヴおよびセレクション・ド・グラン・ノーブルに使う過熟したブドウのため、11月になって収穫が行われました。
1986年の収穫量は 1 189 000ヘクトリットル、過去5年間と比べ18%増となりました。

アルザスワイン委員会(C.I.V.A.)
1987年2月

アルザスワインのヴィンテージ

ブドウ収穫はその年によって変化します!毎年、自然の理とでもいうべき異なる気象条件がブドウ栽培者に課せられます。 年によって、これら気候の変化がワインの品質に影響を与えます。特にこれらの要素は、ボトルでの熟成に対してある種の指標を与えます。

過去20年間を振り返り、偉大なワインの仲間入りをしたヴィンテージを発見してください: