アルザスワインのヴィンテージ

2014年

技術を駆使したヴィンテージ

天候

冬は比較的暖かく乾燥しており、春の高い気温が萌芽と開花を促進しました。そのため、春に入ってすぐ早熟なヴィンテージが予想されたのです。6月末、いくつかの区画が水不足に悩まされ、それまで早く進んでいた生育が、その速度を落とします。夏、特に8月は、全体的に涼しい気候となりました。

しかし9月の高い湿度と暖かい気温が、果実を好むオウトウショウジョウバエを発生させてしまいます。このハエは、ゲヴュルツトラミネール、ピノ・ノワール、ミュスカ、そして一部のピノ・グリなど、赤ワイン品種を中心に被害を与えました。

収穫

生産者にとって、細心の注意が必要となる収穫でした。オウトウショウジョウバエによる被害を抑えるため、畑内で非常に厳しい選別作業を行い、素早く丁寧なムストの清澄化の後、すぐさま発酵へと移りました。

2014年の収穫開始日は次の通りです:

  • AOCクレマン・ダルザスが9月3日。
  • AOCアルザスが9月15日。
  • AOCクアルザス・グラン・クリュが、9月15日(区画管理局に寄せられた特別許可を除き)。
  • ヴァンダンジュ・タルディヴおよびセレクション・ド・グラン・ノーブルは9月30日。

10月に例外的な晴天を迎えましたが、衛生状態の変化が生産に大きな影響を与えるヴァンダンジュ・タルディヴおよびセレクション・ド・グラン・ノーブルに関しては、比較的厳しい収穫でした。収穫量は、2013年の収穫量の2倍以上である7 220 hlでしたが、平均収穫量を大きく下回っています。

2014年の全ての品種を合わせた収穫量は、2013年の+ 2,3% 、1 011 897 hlでしたが、過去5年の平均収穫量と比較すると5,2 %減となります。その内訳は、AOCアルザスが704 518 hl(うち34 276 hl がコミューンとリュー・ディ)、AOCアルザス・グラン・クリュが36 151 hl、AOCクレマン・ダルザスが271 228 hl でした。

ワイン

全体的に厚みと豊満さにかけるものの、非常に爽やかなワインです。そのため、フィネスと爽やかさを重ね持つクレマン、特にリースリングとシルヴァネールが、この特殊なヴィンテージの勝者と言えるでしょう。ゲヴュルツトラミネール、ピノ・ノワール、ピノ・グリの質は、畑で行われた選別作業が決め手となりました。しかし、非常に強いフローラル系の香りを備えており、特にゲヴュルツトラミネールに至ってはスパイシーなアロマを感じさせます。

 

アルザスワイン委員会(C.I.V.A.)
2015年5月

アルザスワインのヴィンテージ

ブドウ収穫はその年によって変化します!毎年、自然の理とでもいうべき異なる気象条件がブドウ栽培者に課せられます。 年によって、これら気候の変化がワインの品質に影響を与えます。特にこれらの要素は、ボトルでの熟成に対してある種の指標を与えます。

過去20年間を振り返り、偉大なワインの仲間入りをしたヴィンテージを発見してください: